電気代と売電収入_住み始めてどうだった? 2019年3月分

一条工務店のi-smartに住み始めて2ヶ月近く。
丸々1ヶ月暮らした電気代と売電収入のお知らせが初めて来たので報告します!

電力会社との契約形態

太陽光パネルの容量

10.080kW

売電単価

19.44円(18円+消費税)
※2018年度の単価で、10kW以上なので20年固定。
 増税するとその分収入が増えます。

※2018年度で10kW以下の場合、26〜28円(10年固定)になります。
 容量10kW以下だと消費税はプラスされません。

売電制度

余剰売電
※昼間の発電電力は消費し、余った分を売電します
1日の発電イメージ

電力プラン

夜間21時〜7時が安くなるプランです。
さらに平日よりも休日、秋冬よりも春秋が安くなります。

電気代と売電収入

電気代

電気の使い方

21時以降は安くなる料金プランなので、食洗機、洗濯機などは極力21時以降に使うようにしてます。
昼間使うこともありますが。
食洗機は毎日、夜1回使ってます。

床暖房はつけっぱなしですが、4月頭に止めました。
つけていたときは、2階は19度、1階は25度くらいの最低限寒くないくらいの設定でした。

それほど節電を意識はしていません

電気代

そして3月の電気代はこんな結果に!
電気代_201903
※期間は3月11日〜4月9日
※1 燃料費等調整額、再エネ賦課金

前住んでいたアパート(2LDK)では3月は電気5000円とガス10000円で15000円くらいかかってました。
ガスはプロパンで高かったんです…

それが半分以下の6730円に!

昼間は発電した電気を消費してるので、実際に使ってる電気はもう少し多いのでしょうが、家が広くなったのにこんなに安くなって嬉しいばかり!

売電収入

シミュレーションでは13kWで月2万円くらいと聞いていて、我が家は10.08kWなので月2万いかないだろうなと思っていました。

実際はこんな結果になりました!
売電額_201903

なんと2万5千円!

月ごとの平均日照時間を調べると、3月は日照時間が長い方ではあるものの、4、5、8月あたりはもっと長いので収入はもっと増えそう!

これは嬉しい!
年間の平均も2万円以上いけるのでは?

そして増税するとその分、数百円ですが収入も増えます。
※10kW以下の太陽光パネルだと消費税はかかってこないので収入は変わりません。

最後に

本当に2万円くらいの収入があるのか不安でしたが、一安心。
しかも思ったより高くて良かったです。
今後も電気代と売電収入を公開していこうと思います。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

間取りを決めるのって大変です。
我が家は間取りの例をネットで探したり、本を買って勉強をしてこんな間取りがいいなーと考え、一条工務店の設計さんに希望を伝えて設計をしてもらいました。

大きく2パターンの設計をしてもらい良いと思った方を選んだのですが、本当はもっと良い間取りがあったのではないかとふと考えることがあります。

我が家で設計の打合せをしているときは知らなかったのですが、間取り注文住宅費用土地探しを複数社に一括依頼できるサービスがあります。
しかも無料です!
それが↓こちらのtown life家づくり。

しかも
家相・風水まで相談できる!
・登録されている注文住宅会社は600社
利用満足度No1知人に薦めたいサイトNo1使いやすさNo1

複数社に間取り提案と費用見積もり、土地探しまでしてもらえて無料なんてかなり便利なサービスです。

我が家は子ども連れでかなりの労力、時間を消費して住宅展示場に行っていましたが、実際に間取り設計・見積もりまでしてもらったのは一条工務店1社だけです。

このサービスを知っていたら絶対に利用していました

注文住宅の検討をしている方は是非無料申込みしましょう!