アドセンス

間取り

【間取り】2階ウォークインクローゼットの良い点・悪い点

更新日:

間取り_2階ウォークインクローゼット

我が家の間取りでここは良かったなー、ここは良くないなーというところを紹介します。
今回は2階ウォークインクローゼット編!
これから間取りの設計をする方の参考になればと思います。



間取り図

我が家の間取り図です。
赤枠のところが今回紹介する部分です。

1階
間取り_1階

2階
間取り_2階_WIC

詳しくはこちらの記事

今回は我が家の間取りにおける2階ウォークインクローゼットの良い点、悪い点です。

引越して間もないため整理ができてないのであまり見せたくはないんですが…

入り口から見たところ
2Fウォークインクローゼット_1

手前の棚は横にスライドできます。
2Fウォークインクローゼット_2

入って左を見たところ
2Fウォークインクローゼット_3

2階ウォークインクローゼットの良い点

2階ウォークインクローゼットがあって良かったこと

1階ウォークインクローゼットと使い分けができる

我が家は1階にもウォークインクローゼットがありますが、広さは2帖。
主に普段使う洋服などを収納していますが、意外とすぐに一杯になってしまっています。

2階のウォークインクローゼットも同じく2帖ですが、2つあることによって1階は使用頻度の高い洋服類2階は使用頻度の低いもの(本、あまり使わない文房具や紙類、アルバムなど)といったように使い分けができています。

間取りの配置・設計として良かったこと

収納がない寝室から近い

我が家の寝室にはクローゼットがありません。

現在、寝室にはベッドとパソコンを置いています。
寝室と言いながら今は子供部屋で家族全員で寝ているため、平日、夫が寝るのとパソコンを使うくらいですが、今のところ困ることはありません。

パソコン関連などでたまに使うであろうものなどはウォークインクローゼットに入れていますが、近いので問題ないです。

棚付きのタイプにしたこと

1階のウォークインクローゼットは、洋服をかける棒と上にものが置ける板の棚だけのシンプルなタイプですが、2階のウォークインクローゼットは収納棚が充実しているタイプにしました。
型番はQWC-6060-4B。
住み始めてみて、1階と2階をそのような分けにして正解だったと思います。

1階は洋服がメインなので、ハンガーに服をかけたり、大きめのクローゼットケースを並べて使っています。

2階に収納するものは本や文房具など、いろんなジャンルのこまごましたものが多いため、洋服より細かく整理して収納する必要がありますが、最初から小分けされた棚が付いていて使いやすいです。
もし1階と同じタイプにしていたら、自分で棚などを買って収納していたと思いますが、備えつけの棚ほどスペースを有効活用できなそうだし、ちょうど良い収納グッズを探すのも大変だったと思います。

2階ウォークインクローゼットの悪い点

2階ウォークインクローゼットがあることで良くなかったことは特に思いつきません。

間取りの配置・設計として悪かったこと

もう少し広ければもっと良かった

欲を言えばキリがないし当たり前のことですが、もっと広ければもっと収納できます。
我が家の場合は間取りの都合と費用的にこれが限界でした。

本棚として使うには今ひとつ

一条工務店i-smartでは本棚も標準で設置することができますが、我が家は設置しませんでした。
そのため、2階のウォークインクローゼットに本、マンガを収納しています。
ですがこのタイプ(QWC-6060-4B)のウォークインクローゼットの棚は、本棚として使うには今ひとつかもしれません。

奥の固定されている棚は奥行きがありすぎて、マンガであれば3列入ります。
たくさん入るのはいいのですが、3列はさすがに奥の本が取り出しづらいです。

手前の動かせる棚は2列入ります。
それくらいならまだいいと思います。
本がそんなになければ動かせる棚だけ本棚として使ってもいいかもしれません。

コンセントの位置

我が家のプリンタはWiFiで繋がるため、パソコンを置いている寝室に置く必要がなく、プリンタをウォークインクローゼットに置くようにしています。
しかし、コンセントが入り口左手前にしかなく、コンセントに繋ぐとこのように線を伸ばさなくてはいけません。
2Fウォークインクローゼット_プリンター
コンセントをクローゼットの奥か、写真のプリンタ置いている後ろ辺りにも追加しておけばよかったです。
今のままでも延長コードを縁に沿わせて貼ればきれいになると思いますが、面倒です…

最後に

以上が我が家の2階ウォークインクローゼットの良い点悪い点です。
住み始めてまだまだ整理ができていないのでもっと綺麗に整理したいです…

その他の部屋の良い点・悪い点についてはこちらのまとめ記事からどうぞ!

今は家が建った後ですが、間取りを決めるのは大変でした。
我が家は間取りの例をネットで探したり、本を買って勉強をしてこんな間取りがいいなーと考え、一条工務店の設計さんに希望を伝えて設計をしてもらいました。

大きく2パターンの設計をしてもらい良いと思った方を選んだのですが、本当はもっと良い間取りがあったのではないかとふと考えることがあります。

我が家で設計の打合せをしているときは知らなかったのですが、間取り・注文住宅費用・土地探しを複数社に無料で一括依頼できるtownlife家づくりというサービスがあります。

複数社に間取り提案と費用見積もり、土地探しまでしてもらえて無料なんてかなり便利なサービスです。

我が家は子ども連れでかなりの労力、時間を消費して住宅展示場に行っていましたが、実際に間取り設計・見積もりまでしてもらったのは一条工務店1社だけです。

このサービスを知っていたら利用したかったなと思います。

注文住宅の検討をしている方は利用してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

アドセンス_記事下

-間取り
-, ,

Copyright© コノイエ快適 〜i-smart35坪 家族4人の暮らし〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.